WHY 北沢おせっかいクラブ?

誰かの世話をやいたり、支えあうことは、人が地域で生きていくために大切なことであり、

地域の人に関心を持ちながら暮らすことは、地域への愛着となっていきます。

 

私たちは北沢地域の小学校、中学校を中心とした、PTA、青少年委員、町会、学童スポーツの関係者が、子どもを中心に各世代がつながる場を作りたい!と集まりました。

 

 赤ちゃん、子ども、親子、若者、お年寄り、それぞれの世代をそれぞれの暮らしにあわせて、ゆるやかにつなぐ。

 

そのために、ちょっとおせっかいをやく人達の集まりです。

 

『言いにくいことをさらっといえる大人でありたい・・・。』

 

何かとネガティブに使われる ”おせっかい” という言葉をあえて団体名としたのは、私たちの密かな決意でもあります。

 

そして、あくまでも地元にこだわる、

We Love Shimokitazawa !な私たちです。

 

 

おせっかい という言葉は、東京都児童虐待防止推進キャラクターのOSEKKAIくん によってポジティブワードととらえられています


ビジョン(目指すべき社会像)

 

子どもを真ん中に、地域の人々が支えあえる豊かなコミュニティの創出に、住民として主体的に関わっていきます。

 

 

ミッション(果たすべき使命)

 

子育てが楽しいと思える街となるよう、地域の人々が支えあえる豊かなコミュニティの創出に関わっていきます。


一般社団法人北沢おせっかいクラブ

 

1993年 任意団体として活動開始

1996年 一般社団法人化

 

  東京都世田谷区代田1-17-3

 

  tel 03-6876-8584

 

代表理事 斎藤淳子

理事   松田妙子

理事   長峰正俊

監事   中村洋美