〜cobacoフードバンク開設クラウドファンディング応援企画〜

プロに聞く フードロスを出さないテクニック&アイデアレシピ @下北沢路線街空き地キッチン

日時 ● 2021年2月6日(土)13:00〜13:45 下北線路街空き地キッチンからYouTube生配信!

出演 ● 田嶋善文(下北沢「namida」オーナーシェフ)、斎藤淳子(一般社団法人北沢おせっかいクラブ 代表理事)

主催 ● 一般社団法人北沢おせっかいクラブ

協力 ●下北線路街運営事務局、下北沢「namida」、一般財団法人せたがやコミュニティ財団

 


 

 今回、下北線路街運営事務局のメンバー、空き地カフェを監修する下北沢の日本料理店「namida」の田嶋善文シェフ、そしてcobacoフードバンクのクラウドファンディングの呼びかけ人がzoomで集まり、「食を通じたコミュニティ作り」について語り合う中で、田嶋シェフから「各家庭でできることは まずフードロスを出さない工夫ではないか!」と提案が。「飲食店とはいかにフードロスを出さずに使い切るかという仕事だ」という田嶋シェフの言葉に「これは地域のみなさんにぜひ聞いてほしい!」と盛り上がり、これをYouTubeの番組として配信しました。

 

 今回は、

野菜を長持ちさせる技❣️ 50℃洗い

ご家庭で余りがちな乾麺のおいしいアレンジレシピ「ひやむぎのボンゴレ風」

 

について教えていただきました!

 

こういった地域コミュニティ作りのイベントは本来、実際に地域のみなさんに集まっていただいて実施したいものですが、今はそれが難しい状況です。そこで、自宅にいながらご覧いただけるYouTube配信という形をとることにしました。

 

巣篭もりごはんが続き、なにか料理の新しいアイデアがほしい!食材を無駄なく使いたい!と思っているみなさんにプロの技をご覧いただき、日々の献立に生かしていただくとともに、下北線路街空き地や田嶋シェフを身近に感じていただき、コロナ禍が収束したときには実際にお店に足を運んでいただけたらと思っています。

 

「地域の活動のために」と下北線路街運営事務局から無償で「空き地キッチン」をご提供いただき、「namida」の田嶋シェフは大変お忙しい中 講師役を引き受けてくださいました。こんなふうにシェフの技を学べる機会はなかなかありません。これもコロナ禍だから実現した贅沢かもしれません。

 

▼当日の模様を15分ほどのダイジェストにまとめました。当日のネット接続状況により画質等が不鮮明になってしまい、お見苦しい点もあるかと思いますが、ご了承ください。

 

地域住民と、地域の企業、地域のお店が食を通じて交流し、様々な形でご協力いただくことで実現した企画です。下北沢の街から食を通じた地域コミュニティがどんどん広がっています。 この配信をきっかけに、cobacoフードバンクの目指す「食を通じたコミュニティ」に興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

 

(一社)北沢おせっかいクラブ


 

 

 

田嶋善文

 

namida オーナーシェフ

フードディレクター

namida works主宰

 

 

熊本県 天草出身。

ソムリエ 唎酒師 ふぐ調理師

バーテンダー、居酒屋、日本料理、イタリアン、ソムリエを経て、2014年、 下北沢に日本料理店 namidaをオープン。"食中酒と食"をテーマに様々なジャンルのクリエイターと精力的にコラボレーションしている。現在、東京都世田谷区と小田急電鉄の下北沢エリア線路街跡地計画において、常設の「空き地カフェ」や、フードコンテンツを監修。

 

 

http://www.namida-tokyo.com/